5月最初は新茶の時期

4月の終わりから5月の初めにかけて行われる『茶摘み』

綺麗に並んだ茶畑から若葉を採取していく様子を歌った唱歌「茶摘み」は学生の頃に習ったと思われます。

ちなみに英語版になると「Picking Tea Leaves」となるらしい。英語版があるのか。

 

さてさて、『お茶』は日本人にとってなじみ深い物であり、コンビニ行けば飲み物コーナーに売っていたり、お菓子コーナーを見ればクッキーやケーキなんかで「抹茶」として出ていたり、飲食物以外でも色々と出ているのである。

本来のお茶の形以外でも色々と商品が出ている所に、日本人がいかにお茶好きなのかが分かるという所。

しかし世の中では「緑茶(煎茶)」「抹茶」は同じお茶でも別として扱われている。どちらも同じ茶葉を使っているのなら、一緒の物なのでは?と思うのだが…二つは、違う物なの?

 

…どちらも元の茶葉は一緒ですが、加工の違い等があり、最もの異なるのは『葉から抽出した成分を飲む』『葉を全部食べる(飲む)か』という点。

抹茶の粉末は、インスタントコーヒーのように抽出成分を熱乾燥させた物ではなく、茶葉を直接粉末に加工した物で、葉っぱそのものなのである。

その辺が抹茶は身体に良いと言われる所以の一つであり、成分を抽出しただけのお茶(煎茶)よりも直に食べているコッチの方が、当然、含まれている成分を得られるわけですので身体には良い。

お茶の元、茶葉に入っている成分には水溶性じゃない物もいっぱいあり、例として挙げられるとすれば「食物繊維」や「ビタミンE」等がそれにあたるのである。

しかし、逆に茶の葉そのものを飲んでいるので、茶の葉に含まれているカテキンも100%含まれているので独特な苦みや渋みもあるという訳です。

(その苦い分だけしっかりと栄養もあるのですが…)

 

お茶を代表する成分としては、抗菌作用を持っているカテキンや抗酸化作用を持っているビタミンC等はよく聞いたりするのですが、他にも話題に出る物として『お茶の持つリラックス効果』があります。
お茶を飲むと、身体が温まり身体の芯からホワンとしてくる…そんなお話を聞いた事は無いでしょうか?
これは決して雰囲気的やそんな気がすると言った感覚的な話の物ではなく、しっかりとした理由があるのです。

 

このお茶のリラックス効果を表しているのが成分の一つである『テアニン』と言う物。テアニンはアミノ酸の一種で、お茶に含まれているうま味や甘味の成分である一方、摂取すると脳内にリラックスを表すα波の発生を促す作用も持っています。

このα波は脳がリラックスしている時に発生する脳波の一つで、主に眼を閉じている時や安静時に脳内で発生し、身体を落ち着かせて全体的にリラックス状態を作り出し、逆に運動した時や緊張時などには減少する傾向があります。

先の通り、お茶に含まれているテアニンはこのリラックス状態を作り出す為、『お茶を飲むとリラックスする』という効果が生まれる訳ですね。
一応、興奮物質であるカフェインもお茶には含まれているのですが、このテアニンの効果が大きい為に、カフェインの効果はかなり抑えられているのだそうです。

 

テアニンによるリラックス作用は睡眠の質を良くしてくれる作用がある為、最近眠りが浅い人や眠りにつくのに時間がかかる人、寝ても疲れが取れない人などは一度お試しあれ。

滅茶苦茶なのに読めるぞ…!不思議な脳の機能「タイポグリセミア」

f:id:pegasasu-0120:20220324172420j:plain

みなさん こんちには。
きょうは けこんう とは またちがう おなはしを ひとつ
しいてきたいと おもって おまりす!

さて、中途半端な筆者の書き方ではちゃんとできていたかどうか微妙な所でありますが…皆さんには上の文章がどう読めたでしょうか?

「皆さんこんにちは。今日は健康とは違うお話を一つしていきたいと思っています!」

と読めたなら大成功。…というのも、実際の所を言うと見て分かる通り文字列は滅茶苦茶になっており、そのままでは文章として成り立っていません。

文章として成り立っていないのなら読める筈もないのだが…不思議と読めてしまう。何故なんでしょうかね?

 

この現象、『タイポグリセミア現象』と言う物で、『文章を構成する単語に置いて、その単語の文字列が滅茶苦茶であっても最初と最後の文字さえ合っていれば、人は文章を読めてしまう』という物。

日本語でこれを実行するにはちょっと条件が追加され、統一された文字での文章にしなければならない。つまり『平仮名だけ』とか『カタカナだけ』の文章ならタイポグリセミアを引き起こせるが、『平仮名+漢字』や『カタカナ+平仮名』では難しくなるのである。

 

さて、このうよな きうみょな ぶんょしう を なぜ よめて しのまうか?
それは にんげんの のうの しくみに かけんい が あります

 

英国の大学の研究によると、人間の脳は文章を読む際に文字一つ一つを読んでそこから文章を理解している訳では無く、目に入った文章を自動的に単語毎に区切りそれを拾い上げて繋げることで文章を理解していると言います。

そして、その文章から単語を引っ張り出す際に、各箇所の文字の最初と最後を取り出して中の文字の組み合わせから、自動的に知っている単語と照らし合わせて文章を構成するのだと言う。つまり、脳がかってに予測変換する事で文字を当て嵌めているのである。

その為、文字の最初と最後さえ合っていれば自動的に読めてしまうのである。

 

しかし、これにも限界があり…誰もがパッと見て予測できる文章のみに限られる為、一般的でない単語や名称の組み合わせ、そして読み方次第では複数の意味へと変わってしまう単語でも、なかなか引き起らないのである。例えばこんな感じ。

 

えんまろが がある おーとすらりあ・くいずーんどらんしゅう は うみ と やまの

だぜしいん を たしのめる かうんこち です

 

これは読めないだろう…と自負する筆者。ちなみに書かれているのは『エロマンガがあるオーストラリア・クイーンズランド州は海と山の大自然を楽しめる観光地です』である。

このように知らない単語であれば文字の最初と最後を見た所で何の単語か分からない為にタイポグリセミアの効果は受けず、ただ単に滅茶苦茶な文章になってしまい、また、単語を読み取れたとしても「エロマンガ」のように、町の名前である「エロマンガ」を知らないと、「アダルトなマンガ」をイメージしてこんがらがる事も。

 

しかしまぁ、これを見ていると人間の脳と言うのはよくできていると実感させられます。

全然意識していなくとも、目に入ってきた文字を単語へと分解しそれの意味を脳から引っ張ってきて繋ぎ合わせて文章として成り立たせ…読めない箇所があっても、頭の中で近い意味の物や知ってる単語と照らし合わせて補正して呼んでしまうと言う。

コレをほぼ一瞬でこなすのだから、改めて脳の働きの凄さを教えられてしまいます。

 

本日はそんなタイポグリセミアのお話でした。

今だけの旬の味 ~春キャベツ~

f:id:pegasasu-0120:20220324172325p:plain

ちょっと前の話、とある広告チラシを見た際に何やら美味しそうなものが乗っていたのでウキウキしながら買いに行ったら、うちの地域にあるお店だけ取扱店舗外だったみたいでがっかりな思いをしました…なんで広告に載せたんだよ…

さて、その出かけた際に視界に入った、キャベツのハンバーガー。4月は卯月ハンバーガーの季節…じゃなく、キャベツの旬ですねハイ。

 

以前にタマネギのお話で『新タマネギ』と『普通のタマネギ』と二つのタマネギのお話をしましたが、キャベツもまた同じで、『春キャベツ』と『キャベツ』の二種類があります。

この二つのキャベツは何ら違いがあるんですかねぇ??

基本的にキャベツは『春物』と『夏秋』、『冬物』の三種類があり、よく知るギッチリ丸くなっているキャベツが『夏秋』『冬』のキャベツになり、対して『春』のキャベツは葉のまとまりが緩くなってふんわりとしているのが見た目の特徴。その見た目通り、他の時期のキャベツと比較しても葉は柔らかいのである。

また、新タマネギと一緒で野菜の水分量が多い為に瑞々しさがあり、他の季節の物と比べると甘みがあるのである。

春キャベツは、その通り水分が多い事と、野菜独自の甘さがある事から調理して食べるよりも、そのままサラダのような生食の方が春キャベツのおいしさと栄養素を失わずに食べることが出来ます。

特に、春キャベツに代表されるビタミンCやビタミンUは、熱に弱い特徴を持っている為に加熱調理によって失われてしまうのでそのまま生で食べることで、美味しく、最も栄養がある状態で食べられるのです。

 

ビタミンCはご存知、レモンなどにも含まれる抗酸化物質で免疫力を高め、ストレスの軽減効果を持っています。
その他にも、身体が吸収しにくい鉄分を吸収しやすいように手助けしてくれる効果もあり、特に牛肉や鶏肉などの肉類と一緒に食べると効率よく鉄分を身体に取れるのです。肉料理の添え物としていかがです?

ちなみに、ビタミンCがあるのに酸っぱくないのは何故?というと、レモンやミカンなどの柑橘類が酸っぱいのはビタミンCの効果ではなくクエン酸の効果になる為で、ビタミンC自体は無味なのである。

 

ビタミンUは、その名前を聞きなれない人の方が大半かと思われますが、『キャベジン』という名前だと聞いた事があると言う人もいるのでは?

胃腸剤として市販されているお薬である『キャベジン』。それの主成分と一緒になるのが、このビタミンUなのである。

薬のキャベジンが胃の不調に効果があるように、ビタミンUには胃の粘膜を保護し、再生させる能力があり、胃荒れや胃もたれを改善し、胃酸過多による胃への負担を軽減してくれます。

また、ビタミンUは胃腸の働きや機能を整えてくれるために、食べ物から引き起るアレルギーを抑えてくれる効果があり、アレルギーの原因となる物質『ヒスタミン』の働きを弱める機能も持っています。

杉花粉は収まりつつあると思いますが、花粉症はまだまだ続きますので、その症状を抑えられる…もしくは緩和できるのであれば、ビタミンUは是非ともほしい所。

 

キャベツ自体は1年食べられるのですが、春に取れるキャベツは今だけの特別な物です。せっかくの旬ですので、みなさんも今日は春キャベツなんかいかがです?

【4月1日】肉体・精神疲労によく効く「猫吸い」「犬吸い」

f:id:pegasasu-0120:20220324162757j:plain

海外では9月を新年度としている国が多いのですが、日本では今の時期4月を新年度として区切っております。
新たな始まりと共に、正直、精神的・肉体的にも割と疲れるのが今の時期。新たな生活には夢や希望もありますが、その分苦労もあります。

そして、この時期に溜まった疲労、ストレスがやがて5月頃になると鬱として現れる事も…五月病の正体ですね。
そのせいで、気分が沈み何事にもやる気が起こらなくなってしまう人も実に多い。

 

こういった気分の消沈やストレス、疲労などに近年効果があると言われ、研究されているのが『猫吸い』・『犬吸い』と言われる物。ペットで犬か猫を飼っている人ならば聞いた事があるかも。

使用法は至極簡単。猫や犬の身体に顔を当てて、ぐりぐりしながら呼吸をする…ただそれだけで、緊張緩和、リラックス効果、血圧の低下、自律神経を整えるなどの作用があります。

基本的には顔を当てる部位はお腹でも背中でも尻尾でも頭でもどこでも良く、身体のふかふかの部分に顔を深く当てて一度深呼吸をする事で効果を発揮します。

 

この効果の事を『モフリラックス効果』と呼び、最近まで研究こそされなかった物のその効果は昔から知られていました。

日本の歴史では、豊臣秀吉や島津義弘、伊達政宗等が猫を愛し太田資正や酒井忠以、そしてご存知、西郷隆盛が犬を愛していました。
これ等の偉人が混乱の世で活躍できたのも、やはり緊張時でも柔軟な発想や思考を巡らせられる犬や猫の『モフリラックス効果』があったからでしょう。

また長期間、限られた空間で生活をする船の中でも同様の理由から猫を乗せている船が昔から多くありました。
長期間の狭い環境下での集団生活は、どうしてもストレスがたまる物です…その溜まったストレスを効率よく解消するために猫を乗せているとかなんとか。

まだ完全解明はできていない物の、この『モフリラックス効果』はペットの身体から発せられる『フンワリホルモン』と呼ばれる物質が脳の交感神経を急激に刺激し、身体を休息状態へと移行させるからという見方がされております。

一方で、このフンワリホルモンには高い依存性があると言う研究もあり、過度に吸い過ぎることでモフモフを見るだけで摂取したくなる、離したくなくなる可能性があり、そうした場合にはペットに嫌われる・距離を置かれると言う危険性がある為、注意を促す論文もあるとか無いとか。

 

脅威の癒し効果である『モフリラックス効果』にて、疲弊する心身を改善しましょう。

 

…とまぁ、エイプリルフールなんですけどね。

『モフリラックス効果』や『フンワリホルモン』たるものは当然存在しないのですが、ペットによる癒し効果の研究は実際にされており、動物と触れ合っている際の人間の脳内では「オキシトシン」と呼ばれる「幸せホルモン」と呼ばれる一種のホルモンが分泌される為です。
そのホルモンには『幸福感』『ストレスの緩和』『恐怖心の軽減』等が実際にあるとされ、それを使った例として『動物セラピー』がある訳なのです。

ちなみにこちらのオキシトシンは実際に動物へ触れても効果が出るのですが、『ペット動画を見る』等の直接触れ合う以外でも効果があると言います。

ネタのフンワリホルモンよりも優秀である。

春においしい新タマネギ!

f:id:pegasasu-0120:20220228160614j:plain

私的な話になりますが、筆者はタマネギが好きである。

子供が嫌いな野菜としても時々名前が挙がるのを見ますが、筆者は子供の頃からそんな事は無かったくらいに好きである。

さて、3月に入るとそんなタマネギ好きには嬉しい『新玉ネギ』の季節になってきます。

普通のタマネギと比べると柔らかく、辛味も少なくてサラダなどにすると実においしいのである。(しかし、それでも数食べると胃が痛くなる…)

タマネギは春先である今時期と、秋~冬位に旬を迎える訳ですが…触った感じと言い、食べた感じと言い、普通のタマネギとは若干違う新タマネギですが、これって普通のタマネギとは違う種類なのですかね?

 

何となく違うように見えますが、実際はほとんど同じ物。

新タマネギには『白タマネギ』『黄タマネギ』と二つの種類があるのですが、内、黄色タマネギはその辺で通年見かけるタマネギと同じ種類の物になります。

普通、玉ねぎは採取されてから乾燥して出荷するのであるが、これを乾燥させずにそのままの形で出荷しているのが新タマネギなのである。

そしてその分、普通のタマネギよりも多く水分を含んでいる為に調理方法や保存方法、保存期間に関してはちょっとした違いがあったりします。

 

特に気を付けなければならないのは『保存』

普通のタマネギは乾燥している為に、冷暗所に置いてもしばらく大丈夫であるが、水分含んでいる新タマネギはそうもいかず、普通のタマネギ以上に湿度に弱い為に湿度管理が重要になってきます。
特に湿度が高く設定されている『野菜室』に入れるとすぐに痛んでしまう為に注意しなければならず、袋に入れっぱなしだったり、ラップでくるんで保存するのも湿度に晒してしまう原因となるので止めましょう。
もし保存するならば、新聞紙のような湿度を吸収しやすい紙に包んで、日影で風通しの良い場所に吊るして保管するようにしましょう。

しかし、どうやっても痛みは早い為に新タマネギはできれば長期間保管はせずに食べきってしまうのを心がけたい所。

 

食べる際にも新タマの『水分』が重要になってきます。

普通のタマネギと同じ感覚で料理すると、思った感じと異なる可能性があるので注意が必要で、具体的には、炒め物などに使うとメチョメチョになってしまう…料理し始めの頃に経験したことがある人も多いのでは?

逆にサラダだと良い感じに仕上がってくれるので、新タマネギは生のまま食べる方が良い。新タマネギは、普通のタマネギよりも水分がある分、タマネギ独特の辛みが少なくなっており、非常に生食がしやすいのである。

 

栄養面でも、タマネギに含まれている血液サラサラ成分である『アリシン』は水に溶けやすい性質や熱に弱い性質を持っている為に、通常のタマネギの調理方法では水洗いしたり、炒めたり焼いたりが多い為に大事な成分を失いやすくなっている。

が、その通り生食の方が美味しい新タマネギでは失いやすいアリシンをより多くとることが出来るので、身体が元気になりやすいのである。

また、抗酸化作用を持つポリフェノールであるケルセチンや、腸内細菌を活発化させてくれるオリゴ糖なども含まれ、ご存知食物繊維も豊富である

その通りオススメはサラダであるが、スープにしても良いかもしれません。

 

ちなみに新タマネギ。乾燥させた物が普通のタマネギと言った通り、新タマの黄タマネギの方であれば、上手く乾燥させることで通常のタマネギのように保存させる事が出来ます。

が、こうなると普通のタマネギでしかないので…特に新タマネギを買ってきてまでやるメリットは無いけれども、もしも、多量に貰ってしまったのならこの方法が役立つかもしれません。

喉に絡む嫌な痰…改めてこれは何なのか?

f:id:pegasasu-0120:20220225105139j:plain

唐突ですが、生物が生きる上で呼吸を止めることはできない訳ですが、この空気中には目に見えない様々な物質が含まれています

微粒子、ウイルス、細菌、化学物質に粉塵等々…気が付かずにこれらが口や鼻から 呼吸器官へと入っているのであります。

しかし、人の身体もそう言った異物をそう易々と侵入させるような作りにはなっておらず、様々な防衛機能でそれらを排除するようになっています。

これ等の排除する仕組みでよく知っている所が『くしゃみ』『咳』、そして『痰』などになります。

今日はその中でも、特に喉に絡むと厄介極まりない『痰』のお話になります。

 

【痰とは何なのか?】

タバコなどを吸った時、風邪などを引いた時、乾燥した空気に触れた時などなど…喉に痰が絡む場面は様々。コレが会話している最中などに絡むと本当に厄介である。

この痰の正体は、先の通り異物から身体を守るための防衛機能の一つであり、「気管の粘液が、異物を絡めとった物」になります。

呼吸器は元々より、繊毛と粘液の二つの機能によって肺への細かな異物の侵入を妨げているのですが、このうちの異物を絡めとって出て来た粘液の事を「痰」と呼んでいるのです。

防御機能である為に、実は体調を悪くしていない普段であっても痰は生成されて出てきているのですが、大体の物は知らぬ間に消化器の方へと落ちて行っています。

この際に作られる痰は、よくイメージする黄色くて粘り気のある痰ではなく、透明で比較的サラサラとした液体なのですが、同じ痰なのにどうしてここまで違う物なのでしょうか?

 

【痰の種類】

重く咳き込んだ時に口からべっと出てくる痰。乾いた咳から出てくる時は透明なのですが、黄色っぽい時もあれば、酷くネバネバしている時もある。何故か?

気管の異物を排除して出される性質上、痰に色が付いたり粘り気が強くなったりする場合は、その絡めとった物質に原因がある事が多いのである。
・黄色:気道での感染症

・白っぽい:気管支炎、ウイルスの感染症

・黄緑色:緑膿菌感染蓄膿

・茶色、褐色:肺の病気

・赤:血痰

と、このようにウイルス感染や細菌感染による膿が痰に混ざって出てくると色や粘液性が増しやすいのである。しかし、中には後鼻漏などによって鼻水が喉に流れて痰に混ざり、色が付く事もある。(蓄膿症での黄緑色や、鼻血が混ざって赤くなる場合がよい例)

 

【痰を止めるには?】

病気の際には仕方がないと思える訳ですが、それ以外の時に突然喉に絡んだりすると厄介な痰。かくいう病気の時もあんまり喉に絡まれると非常に辛いのではありますが…

痰をいくら出してもキリが無い…と言う時には、素直に痰きりのお薬に頼るのも一手ですが、昔ながらの食事での改善法もあります。

その代表的な例が『大根』。風邪の時に良いと言う『蜂蜜大根』が良い例であり、蜂蜜による殺菌作用と、大根に含まれている消化酵素によって殺菌が加速され、更には抗炎症作用成分によって炎症が押さえられるので痰の出が押さえられると同時にイガイガや痛みも取れやすくなるというもの。

または『レンコン』や『パイナップル』なども良い。レンコンはそれに含まれている消炎作用によって喉の炎症が引き痰が押さえられる為に痰が引きやすくなり、パイナップルもまた痰の切れを良くしてくれるために喉には良いのである。

 

逆に辛い物なんかは喉を刺激するために痰の出が酷くなりやすくなる。身体を温めようと、唐辛子入りのピリ辛の物を食べたら喉が酷くなったなんて事にもなるのだ。
その為、常に刺激物を好んでいる人では、それを止めたら収まるなんて事もしばしば。特にタバコやお酒が好きな人で痰が絡む人は、大体この手で治ったりするのである。

 

喉に絡むと非常に厄介な痰ですが、発生理由は喉の異常による物が殆ど。
なのでほおって置かずにしっかりと原因を見つけて、ゆっくり治してあげてください。

爪から見える自分の健康状態

f:id:pegasasu-0120:20220121171623j:plain

最近、指の爪の端っこがピッと割れ出血を起こしてしまった筆者。

痛みはさほど出ないのですが、中途半端にピッと残った爪が気になって仕方がない

さて指の先についている爪。動物とかだと武器になったり、木を昇るのに使ったりと色々活躍するのですが、人間だとコレは一体どういう役割を持っているのでしょうか?

人間と同じく サルなどの霊長類が丸く平たい爪を持っているのですが、そのおかげでサルも人も物をつまむと言う動作が出来るようになっています。また、指で物を扱う上で指先を保護する役割も爪はもっていたりします。
そして、意外な所で爪は本人の健康状態を教えるバロメーターにもなるとの事。

 

爪の下には無数の毛細血管が走っており、健康な状態だと薄いピンク色をして表面も滑らかな感じなのですが、例えば身体が貧血気味であれば血流が減少するので爪の色は白っぽくなり、逆に赤みが強い場合には高血圧や血液中の赤血球が多くなる多血症の可能性があったりとこんな感じで見分けられるのだとか。

その為、体熱と爪の状態だけでもある程度の健康状態を見ることが出来ると言う。という訳で今回は、そんな爪で分かる健康状態のお話。

 

『爪色で見てみる健康』

:血行不良となり指先の血流が少なくなっている状態で起こりやすい。貧血や冷え性、または肝臓や腎臓が弱っている人に多い爪の色である。

:爪全体が赤い場合は血液が濃い状態。高血圧や多血症など赤血球が多い状態なので、血がドロドロになっている可能性も。

:酸素を多く含んだ血液が巡る爪の色は綺麗なピンク色ですが、酸素不足の血液だと濁った紫色になります。爪の色が紫っぽい時は、血液に上手く酸素が行き渡っていない状態で末梢循環障害の可能性も。

:原因が割と多い為にコレと断定するのが難しい。タバコを吸っている人だとヤニが付着しての場合もあるし、服薬している人では薬の可能性もある。最も注意しなければならない物だと、肌が黄色くなる黄疸と同じく肝臓や胆嚢の障害で黄色くなる事も。

:爪の外周から深い緑色になって行く。原因は緑膿菌と呼ばれる細菌が爪に感染する事で引き起り、他の爪の病気と共に感染する事がある。また付け爪等をしている人にも多い感染症でもある。

 

『爪の形で見る健康』

★縦線:爪の表面に縦筋のような物、これを爪甲縦条と言う。これが出てくるのは、簡単に言えば『年を取ったから』であり、誰でも出てくる物で特別心配は無いそうです。

★横線:普通、爪の筋は横には出てきません。コレの原因は、爪の根元の方で何らかの障害があり、成長に異常があった場合になります。指一本であれば、まだ外部衝撃による物かもしれませんが、全部に出ている場合には何らかの疾患や異常への注意が必要。

★白い点稀にぽつんと爪に白い点がある。これは爪が生える際に空気を含んでしまったためにその部分だけ白くなった物で、特別異常がある訳ではないので大丈夫である。

★二枚爪:割れた爪が二枚になっている状態。爪は元々三層になっており、それが乾燥状態になる事ではがれやすくなり二枚爪になる場合や、鉄分不足などの栄養不足から起る場合もある。

★表面が凸凹:爪の正面がデコボコになったり割れたりする場合は乾燥や水仕事による薬剤の影響が考えられ、その他だと細菌感染が考えられたりもする。また、深爪や爪母が傷つき治る過程で発生する事もある。

 

このような感じで、色や形からある程度の健康状態を見て取る事が出来るのである。
ココに書いた物はあくまでざくっと分かる程度の物であるが、専門の人が見ると更に色々と分かったりすると言うのだ。

筆者は爪が白いのと、縦筋が目立つ感じであり血行不良は当たっている…みなさんはどんな感じでしたでしょうか?